理由①

上手く行く施策は人それぞれ違う


病気になった時に誤った治療法を試しても一向に回復しないのと同じように、それぞれの事業課題に合った解決策を使わなければ思ったような成果を出すことはできません。

つまり、たとえトレンドになっているYoutubeやSNSを使った集客・販売法であっても、あなたの事業課題にピッタリ合っていなければ上手くいかない可能性があるんです。

そして、課題というのはそれぞれの事業ごとに全く違います。

同じ業種や業界であっても持っている商品の特徴や目標、それからあなた自身の強みによって課題になる部分が変わってきますよね?

なので、 ある会社では上手くいく方法でも、違う会社では上手くいかないなんてことはザラにあります。

だからこそ、 一般的に良いと言われている方法をお伝えするのではなく、あなたの事業に特化した課題を発見して、

すぐに効果が出るピッタリの解決策を提案できる1on1 のサービスが必要だと思いました。

理由②

自分のことを客観的に考えるのは難しい


課題を発見しようと思っても、 自社の課題を自分で発見するのは難しいものです。

どうしても思い込みや先入観が邪魔をして客観的な視点で見ることが出来なかったり、 現時点で知っていることの範囲でしか検討できないということになってしまいます。

こうなると、 どれだけ自分で考えても同じ答えに行き着いてしまい、中々、 現状を打破することできないですよね。

でも、自分ではなく他人のことになると、 物事を客観的にみれるようになります。

当の本人からすれば見つけることが難しい課題でも、周りから見れば一目瞭然ということは良くあることなんです。

ただ、 社長という仕事は孤独なものです。

自社の悩みを赤裸々にオープンにするのは気軽にはできませんよね。

なので、 そういった普段はオープンにしにくい話でも相談できて客観的な視点のアドバイスがもらえる場所として、この個別サービスが必要だと考えました。

理由③

やるべきことが明確になれば成果も出たも同然


課題を見つけて、そこにピッタリの解決策が分かれば、 それはもう問題を解決したのも同然ですよね。

あとは施策を実行するだけなので。

もちろん施策を実行していく中でも試行錯誤をすることは必要でしょうが、自社の課題に合っているのか分からない方法に時間とお金をかけて疲弊していくことに比べれば明らかに簡単ですよね。

迷いがなくなれば、その分だけ思い切って施策を実行することが出来ます。

そうなれば、 自然と成功確率も成果の大きさも良くなっていくでしょう。